·中国語 ·ENGLISH ·日本語
1.  日本式焼網
a.  日本式焼網---
· 丸形焼網
· 角形焼網
· ステンレス焼網
· 技術革新
b.  溶接焼網---
· クリンプ溶接焼網
蛇篭とカゴマット

一:蛇籠とは

 河川の防災工事や砂防工事、土地造成工事、排水路工事、道路工事などにおいては、水質保全・河川敷地の整備など緑と水の豊かな河川環境の創出が課題となります。中でも、「緑地維持」と「生態系保護」は、河川工事において最大のテーマです。近年、その課題を解決する土木工法として、多自然型工法が注目されています。蛇籠は、その通水性と柔構造により、護岸・防災機能と同時に水質・緑地環境維持を図ることができ、多自然型工法材として最適な土木資材です。

蛇籠は大型亀甲金網や菱形金網で製造した箱です。施工現場で石で充填して、柔軟性、透水性、整体性を持つ結構を構造しました。壁、堰などな水洗い流すを防止する工程に使用します。 

蛇籠は一メートルずつ金網でいくつか空間に分けています。蛇籠構造強度を向上させますように、間隔用金網の縁はもっと太い鋼線を使います。川のコントロールと案内するや、洪水排出堰や、水土流失防止や海辺防御や港工程や道路防護などに使用されます。

二:蛇籠の材質

亜鉛メッキ鉄線、ビニール被覆鉄線など。

線径や、メッキの量とビニールの厚さなどご希望に応じて製造できます。

 

亜鉛メッキ蛇籠

ビニール被覆蛇籠

 

三:製造工芸から分類

製造工芸から見ると、蛇籠は菱形金網蛇籠、亀甲金網蛇籠、溶接金網蛇籠と分かられています。一番多使われているのは、亀甲金網蛇籠です。

     亀甲金網蛇籠

 亀甲金網蛇籠は亀甲金網で作られ、工事現場で籠に石材を充填して、護岸工や根固工、道路工事の法止めなどに多く使われています。亀甲金網蛇籠は屈撓性や透水性、経済性、柔軟性に優れており、環境にもやさしいです。

 

特徴:

    1)蛇籠またはカゴマットの表面に土を置いて、植物がそのうえに成長できます。こうしたら、河川法覆もできるし、環境も緑化できます。

    亀甲金網で坂を法覆すれば、木と草は網目を通って成長できます。石を固められまして、環境もを緑化できます。植物で土壌を固定させて、砂漠化を防ぎます。

    (2)蛇籠またはパネル式角形蛇籠の中に、水は石の間に流れまして、水と土壌の自然交換を実現できます。河の中の生物と微生物のためにいい成長環境を作ります。水の浄化能力を高めて、水を保護して改善できます。

    (3)蛇籠で積み重ねれる壁や法覆工は、中は塊状個体で充填されますから、たくさんの隙間があって、水が直ちに排出できます。壁が破壊される可能性を減って、壁が変形性能で緩衝性に優れます。このように、蛇籠で積み重ねれる壁は使用寿命が長くなります。環境にも優しいです。

    4)美観効果:蛇籠の作業性が良くて、色が多様ですから、いろいろな様式をデザインできて、各地方地域の景観要求に合わせられます。花と木に結び付けて、人造景観を作れます。

    (5)使用時効:亀甲金網は亜鉛メッキ、塩化ビニール塗装、亜鉛アルミ合金メッキ鋼線またステンレスで作れますから、使用寿命が長いです。テストによると、塩化ビニール塗装蛇籠を30%濃度の塩酸に10日くらい浸れば、塗装ビニールは変色と裂けることも発生しません。ですから、たとえ高汚染の地域で使われるとも、腐食に耐える性能が信用できます。

 

    亀甲金網または亀甲金網製蛇籠は環境保護に一致しまして、皆様の認可を得られますと信じております。弊社も亀甲金網と亀甲金網製蛇籠の専業メーカとして、全力を尽くして普及します。

亀甲金網の規格表

大型亀甲金網

網目間隔

最大の線径

最大の幅

60x80mm

Φ2.0-2.8mm

4.3m

80x100mm

Φ2.0-3.2mm

4.3m

80x120mm

Φ2.0-3.2mm

4.3m

100x120mm

Φ2.0-3.4mm

4.3m

100x150mm

Φ2.0-3.4mm

4.3m

120x150mm

Φ2.0-4.0mm

4.3m

 

 

     菱形金網蛇籠

 菱形金網蛇籠は菱形金網で製造した蛇籠です。菱形金網は編みと巻きつきを通りに作られたものです。その網目は均一化、表面は平らで、表は美しいです。幅が広い、線径が太い、腐食さに強いので、寿命が長いです。施工と運送が便利なので、大人気があります。

製品画像

 

 

 

   溶接金網蛇籠

溶接金網蛇籠は溶接金網で製造した蛇籠です。

溶接金網の製造工芸:溶接して亜鉛めっき;溶接して亜鉛をしみこみ、溶接してプラスチックをしみこみ、亜鉛メッキして溶接。

方形孔径:¼"½"¾"1"3/8"5/8" 2"2.5"3"1/3"
长方形孔径:¼"X½"½"X1"1"X2"等等
角型口径:¼"½"¾"1"3/8"5/8" 2"2.5"3"1/3"
長方形口径:¼"X½"½"X1"1"X2"など

それに1/33目)1/44目)アーク溶接網は工芸品専用網で、押しぬいて、引っ張って、成形したので、溶接部の強度はかなり高くなるし、線が切れなくなるし、高品質が保証できる。この網は特別な材料を採用して、特別処理を経って、溶接が頑丈、明るさが高い、長く引っ張れるという特徴を持ってあります。1/3のアーク溶接網は線径0.50mm-1.00mm、幅は60cm-120cm、目径は7.5ミリ-7.8ミリです。目の大きさは線の太さにより決まる。1/44目)アーク溶接網は0.5mmから0.90mmまで。
ステンレスアーク溶接網は材質が302/304/316/316Lなどで、お客様ご要望な材質でも生産できます。
アーク溶接網を押し抜いて、剪断して、引っ張って各種な産品を製造できる。
ステンレスアーク溶接網製品はバッフィングして、表面は鏡面のように明るくなります。

製品画像:

四:蛇籠の用途と用途からの分類

①用途:河川工事、砂防工事、土地造成工事、排水路工事、道路工事、その他

河川工事

道路工事

排水路工事

②用途からの分類

蛇籠の用途から分類と、普通蛇籠とカゴマットに分類されています。

 

カゴマット

①カゴマットとは

カゴマットは蛇籠を、河川護岸用に特化させた製品です。大雨、洪水等による河川が氾濫した場合などの自然災害により、河川護岸部が崩壊したなどの災害が発生した時、その被災した部分の護岸を修復することを目的とした河川災害復旧工事に採用されている。

②カゴマットの用途:現在は災害のみならず改修、維持工事または、道路工事、農林水産業、治山工事、砂防工事などに広く利用されてきています。

③カゴマットの特徴: 1. 安全な護岸をつくります。

                    2. 効率の良い施工ができます。

                    3. 生態系に合う川が作れます。

④製品画像

五:蛇籠の特長

1、  施工簡便で経済的。
2
、腐食と厳しい環境に耐える能力高。

3
、大範囲の変形を受けても崩れません。
4
、石間で植物が成長可能で、周囲環境と合わせます。
5
、浸透性があるので、流体静力の損害を防止できます。
6
、折り畳んで運送して、現場で組み立て可能ので、運送費用の節約になります。

六:蛇籠の施工方法

1.亀甲金網ネットを地面に置いて展開して、余りの折跡は平らにします。

    2.前後の網、底網と内張り金網を立てて、かごの形にします。

    3.隣の網をコイルでつなぎます。

    4.じゃかごは内張り金網で若干の格を分けます。金網の強力を高めるために、全部の網の縁は直径のもっと大きい鉄線を使います。作ったかごは平の地面において、それぞれにつながります。据え付けた空きのじゃかごは適当的な位置に置いて、縁を沿って、それぞれの部分を繋がり、一体型になります。

    5.石材を詰めます。石材は、硬くて、ひし形がなくて、長持ち性があって、そうすれば、石料の寿命が延長できます。石料は100mmないし200mm,公差は5%左右、表面に暴露しないようになります。そのほか、石の大きさは250mmないし50mmです。高さは1mのじゃかごは300mmの高さの石料をいれて、高さは0.5mmのじゃかごは250mmの高さの石料をいれます。石料は箱に入れて、一般は毎段の厚さは30cm左右です。そして、適当にそろい、表面は平整に置いたほうがいいです。もし、箱のあつさは30cm以下なら、直接に石料を入れて。入れている時、機械と人工を組み合わせます。

    6.石料は合理的にじゃかごにいれて、大体平整してから、最も小さな空きを留まってから、蓋をします。蓋と縁は規定によって、しばります。そうすれば、ほかの箱と繋がることも便利になります。鉄線とPVC被覆層を損わないように注意すべきです。蓋に付けての糸は周囲で2輪を回り、縁はよく絞ります。蓋は縁や各部分や隣の箱とよく絞らければなりません。最後は、奇麗になるために、箱の縁に付けている鋭い部分をできるだけ、箱のうちに折ったほうがいいです。

 

七:蛇籠の規格

長さ
mlength


width

高さ
height

隔片数量
diaphragm

体積
volume

公差範囲
tolerance

2.0

1.0

0.3

1

0.6

 

Length+/-3%
Width+/-5%
Height+/-5%

3.0

1.0

0.3

2

0.9

4.0

1.0

0.3

3

1.2

2.0

1.0

0.5

1

1.0

3.0

1.0

0.5

2

1.5

4.0

1.0

0.5

3

2.0

1.0

1.0

0.5

0

1.0

1.5

1.0

1.0

0

1.5

2.0

1.0

1.0

1

2.0

3.0

1.0

1.0

2

3.0

 

4.0

1.0

1.0

3

4.0

 

ご必要に応じて製造できますので、ご用命いただければ、ぜひお任せください。

Click:
会社概要 |  社長の挨拶 |  お問い合わせ |  リンク
ダイヤモンド金網工場  版权所有 【正日商务】出品
工 場: 河北省安平県林荘 〒053600
TEL: 0086-318-7635959
FAX:0086-318-7635006
輸出部: TEL: 0086-311-85962006
FAX: 0086-311-85962005
E-mail: well@grill.cn
(迷惑メール防止のためにフィルターをかけてあります。誤って削除される場合が有りますので2~3日してもご返事が無い場合はお手数ですが直接お電話下さい。)